メンバーブログ

シーホース工房会員の「自然再生」「ものづくり」「表現創造」に関する日々の身近な記事を発信いたします。

検索

いつもありがとうございます。

「竹林再生」「DIY楽器」「紙芝居ミュージカル」シーホース工房の鞍持がお届けします。


■「崩壊、そして誕生前夜」音楽・映像 鞍持勇紀

疲弊したシステム、旧態依然とした価値観。

グローバリズム信仰、拝金主義・・。

これらの崩壊の音が鳴り響く。

新しい地球の誕生前夜。


コロナによって気づかされたこと。

私たちは生まれ変わらなければならないということ。



閲覧数:20回0件のコメント

いつもありがとうございます。

「竹林再生」「DIY楽器」「紙芝居ミュージカル」シーホース工房の鞍持がお届けします。


久しぶりに、みなとみらい周辺を歩きました。

4か月ぶりでしょうか。

じっと耳を澄まして歩いていると

この街にはさまざまなサウンドスケープにあふれているなと感じました。


ふと気が付くと波の音に紛れて地中から微かに響く滴の音。

音源に近づいていくと・・

それは地面に横たわる鉄格子。

その下の地中には貯水槽らしき謎の空間。

貯水槽から聴こえるその調べは水琴窟のよう。

そのサウンドを音階に見立て、見える化しました。

みなとみらい、臨港パークにて。








閲覧数:25回0件のコメント

いつもありがとうございます。

「竹林再生」「DIY楽器」「紙芝居ミュージカル」シーホース工房の鞍持がお届けします。


日本に昔からある竹の笛とくれば、尺八、篠笛・・いろいろあるわけですが、

かっこう笛は段階的に音階を奏でるような構造ではなく、

無段階に音程をコントロールするという点で特異な楽器です。


そのため音階を作る指孔が存在せず、先端の切り口を手で開閉し、

その空き加減で音程を連続的にコントロールするわけです。

これが従来のかっこう笛ですが、これに手を加えたのが

シーホース流「音階かっこう笛」。


従来通り、先端を手で開閉して無段階コントロルできるほか、

指孔を設けてあるので音階を奏でることもできる2ウェイなのです。

味わい深い音がしますよ。

動画をご高覧いただければ幸いです。




閲覧数:28回0件のコメント